2018/09/24 12:43
頂点数: 37,160
ポリゴン数: 50,925

風鳥の民

――IVRニコニ地方調査報告書より抜粋――
 極東の地で平成と呼ばれた時代が終わる年、彼らと出逢った。風鳥――別名「極楽鳥」とも呼ばれる色彩豊かな鳥。それを連想させる道具を掲げていたことから『風鳥の民(仮)』と呼ばれていたものがいつしか定着してしまったようだ。
 今では彼らも「風鳥」の意味を理解しているが、特に否定もしていないのできっと呼び方については自由なのだろう。
 しかしその目立つ風鳥よりも特筆すべきなのは、彼らが身に着けている民族衣装(?)だ。予想外にも未知のテクノロジで作られており、その背面には特定の位相で動作するエネルギー変換機構――仮に「V☆カツ コンバータ」と呼んでおく――が存在する。どうやらこの種の機構・コンバータ自体は他の形態も存在するようだが、彼らはこれを「ユメをカタチにするモノ」と表現していた。『V☆カツ』とは、彼らの言葉でその概念を表現したものになるのだが。その効果、潜在的な用途などは全くの未知数で計り知れない。より多角的な研究が求められる。

――抜粋ここまで――

 抵頭身モデルはバランスが難しいと思いますので、体のラインとバランスを見て貰えれば、と。動きについてはTwitter動画(https://twitter.com/anco_metaph/status/1044127563914764288 https://twitter.com/anco_metaph/status/1055831854299770880)を参考にしてみてください。
 V☆カツ コンバータはメカ系のモデルに向いていると思います。あなたのロボにも、よかったらたくさんどうぞ☆

loading...

この作品をご覧いただくには niconico会員登録 が必要です。


関連度の高い作品

コメント

1 件

閲覧

419

総合点

462

シェア