お使いのブラウザではニコニ立体をご利用できません。

ニコニ立体を利用するためには、Chrome, Firefox, Edge のいずれかのブラウザが必要です。

2019/09/24 21:05
頂点数: 2,334
ポリゴン数: 3,207

オブジェクトモデルの表と裏

物事には表と裏がある。とはよく聞くが、物事の進み方にも表と裏があるように思う。 それは、表は自分が視認している範疇。裏は視認していない暗の部分。
人は暗の部分は見えていないので端折ることに腐心してきた。 しかし、最近の独自研究で端折っていいのはすべての中でビューのみということがわかった。 暗の部分で風が吹いたら風のビューは必要ないが空力計算で何がどう動いたかということを明に説明できるように実行しないといけない。
辻褄があってればいいとは言うが、お粗末な帳尻の合わせ方になる場合が多く、愚直にモデルをアップデートしたほうが痛い目に合いにくい。最近はコンピュート能力も最適化度も上がってきており端折るという例外を認めなくても正常ルートのみで完結が可能になってきている。
故に、例外のないシリアル化された環境を書くことは可能であろう。 もう、端折ることに腐心する必要は当面ないといってよいでしょう。
自然のアホな演算力を信じましょう。信じましょう。

loading...

この作品をご覧いただくには niconico会員登録 が必要です。


関連度の高い作品

コメント

0 件

閲覧

22

総合点

22

シェア