お使いのブラウザではニコニ立体をご利用できません。

ニコニ立体を利用するためには、Chrome, Firefox, Edge のいずれかのブラウザが必要です。

2018/06/02 05:22
頂点数: 6,120
ポリゴン数: 2,246

TB3D JR209系 京浜東北線

TrainBannerという鉄道車両の側面アイコンを元に3D化したものです。ノンスケール。
JR東日本が民営化後に初めて設計した通勤電車。試作車901系で検討された技術を取り入れ'93年から量産形式209系として登場。重量・価格・寿命を半減とする省力ポリシーで、従来の103系に比べ電動車の数が減ったこと、VVVF制御により回生ブレーキが可能になったことで、走行電力が半分になった旨を電車内にシールを掲出してアピールしていました。'95年からは6ドア車サハ208が登場し、既存の編成も6号車と差し替えられました。実車は既に京浜東北線からは引退しています。このモデルでは登場時(6ドア車連結以前)の前期タイプ川重編成をイメージしています。
近作同様に1車両あたりのポリゴン数を3桁に収めたので、黎明期のローポリモデルのような作風となります。

by moko@日向車両 http://mokohs.blog21.fc2.com/

loading...

この作品をご覧いただくには niconico会員登録 が必要です。


関連度の高い作品

コメント

0 件

閲覧

151

総合点

152

シェア